FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


マイフィールド第3のセイボウ

午前中、もう一度青い蜂が撮りたいと思いマイフィールドへ。

ルリモンハナバチが吸蜜していたキツネノマゴ ポイントにを除くも、いるのはイチモンジセセリばかり。orz

途中、タケクンさんがいたので聞いてみたら、ルリモンハナバチはもう終わりだが、ミドリセイボウはまだ東屋にいたとのこと。
早速、東屋に行って探して見るが見つからない。

タケクンさんと別れて、もう一つのポイントの古民家に行って見るが、こちらでもミドリ、クロバネどちらのセイボウも見つけることができなかった。もうそろそろ終わりなのだろうか?


諦めて、ブログネタになりそうな花を撮る。
今が旬のコスモス。
ピンクに白い筋模様の花があった。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 2017/9/9拡大表示できます)





この時期にも咲いている青いツユクサ。






そして、青くないツユクサ。






久しぶりfukuさん案山子さんに出会い、歓談しているところにタケクンさんが戻って来て「第3のセイボウがいた」とカメラのモニタに写るみたことがないセイボウを見せてくれた。
そのセイボウは、頭と胸はミドリセイボウと同じようだが、お尻が青赤黄の虹模様。

これは見てみたいと、まだいるかどうか保証はないが、とにかく撮影場所に案内してもらった。
しかし、そこには何もいない。
ダメかと諦め半分、近くを一回りして戻ってくると、タケクンさんが「いた!」と見つけてくれた。

そのセイボウは、1cm弱の小さな躰で落ち着きなく 木の手すりをちょろちょろと動き回るため、ファインダに捉え難い。

連射連射で、どうにか見られる写真を数枚撮ることができた。

ネットで調べてみたが、どうやらムツバセイボウと思われる。
お尻の先に6個の尖りがあるセイボウ。
ちなみにミドリセイボウは5つの尖り、クロバネは4つの尖りだ。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 2017/8/28,9/3拡大表示できます)











ミドリセイボウクロバネセイボウとは、お尻の模様が明らかに違う。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/23-ad8f4367

 | ホーム |