FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


新潟ギフ2

連休初日、naoggioさん、町田のSさんと新潟ギフに再チャレンジ、現地で千葉のNさんと合流。
本命のイエローテールと自信を持って言える個体には出会えませんでしたが、いろんな個体を撮影でき、その斑紋を細かく見ると、それぞれに違いがあり、ギフチョウの面白さを再確認させられた遠征になりました。

個体差を比較するため、同じような画角の写真をアップします。

まずは、Sさんと2人で出待ちしていたとことろへ舞い降りて来た、この日最初の個体。
赤上がりの綺麗な天使でした。
ここのギフチョウは、赤斑が少しオレンジがかった個体が多いように感じます。

① D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/04/28
I18A5299.jpg 





次は、少しだけ赤上がりの個体。
左前翅の真ん中の長い黒線上にクリーム色の点斑があり、内側の短い黒斑が前端から離れかけてます。
I18A5310.jpg 




この個体の左前翅の真ん中の長い黒線上のクリーム点斑は、前の個体より大きい。
I18A5324.jpg 





こちらは、同じようなクリーム点斑が2つありました。
I18A5371.jpg 




ここまで、どれも新鮮個体ばかり。
斑紋からみんな別個体であることがわかります。
I18A5395.jpg 





そこに現れたイエローテールもどき個体。
naoggioさんが擦れテールだろうと冗談めかして言ってましたが、よくよく見ると、これだけ色合わせるのであれば、翅自体もかなりボロボロになるのではないかと考えられ、もともとこの色の個体ではないかと思います。
イエローテールは、表も裏も赤斑が外側のオレンジ斑と同じくらいの黄色になるとのことで、表翅は申し分ないものの、裏翅は黄色というより赤っぽい柿色だったのでイエロテールではないことを、Sさんに教えてもらいました。
イエローでなければ、柿色テールと呼びたいところです。
I18A5399.jpg 





この個体は、前肢が少し擦れているように見えますが、赤斑は色あせていません。
前での3個体②③④と同じ黒線上にクリーム点斑が見えますが、擦れによるものでしょうか。
I18A5402.jpg 




この個体は、赤斑は普通だが、後端のオレンジ斑が黄色くなっている。
I18A5457.jpg 




後翅のクリーム色がやけに黄色く見える。
前翅が白すぎるのだろうか?
I18A5536.jpg 




写真を見比べたら⑥とは別個体の柿色テールでした。
I18A5592.jpg 




⑤と同じ個体かと思いましたが、前翅左側の短い黒斑の下端の尖り具合から別個体と判断しました。
(11)
I18A5641.jpg 




これは、⑩と同じ個体のようです。

I18A5696.jpg 






比較的に長く地面に止まっていたのでワイドマクロっぽく。
本当は、たくさんのカタクリをバックにした絵をイメージしていましたが・・・

P4280633.jpg 





ワイドマクロじゃないけど、こんな感じですかね。

I18A5791.jpg 





初めて見たイカリソウでの吸蜜シーン
残念ながら、まともには撮らせてくれませんでした。

I18A5583.jpg 




新芽にしがみつく個体

I18A5623.jpg 




椿の葉で休憩する個体

I18A5669.jpg 





最後は、後尾までには至らなかったが、柿色テールの絡みシーン。

I18A5701.jpg 





I18A5704.jpg 




裏翅の赤斑が黄色くないので、イエローではありませんでした。残念!

I18A5706.jpg 


スポンサーサイト



コメント

イエローテールについて、詳細な写真と解説が載っていてよくわかりました。
ネットでも改めて調べてみて、定義がよくわかりました。
先日私が撮影したものは、この定義では残念ながらイエローテールとは言えないようですね。
ブログの文章は訂正しておきましたが、この撮影場所はやはりその遺伝子がかなり含まれている感じですね。
2018-05-04 21:39 ダンダラ #hQytGWzM URL編集 ]

私は普通のギフチョウしか知らないので、
全く識別が><
細かい点でいろいろあるのですね。
どうして色が違ってくるのでしょうね??
カタクリバックのお写真、素敵だと思います!
2018-05-04 22:41 Sippo☆ #qgiCMeC. URL編集 ]

Re: タイトルなし

ダンダラさん
私の解説があっているかどうかわかりませんよ。^^;
それにしても、ここのギフチョウの色はバリエーションがあって、面白いですよね。
真っ赤よりも柿色の方が綺麗だと感じます。
2018-05-04 23:33 akakokko #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

私もギフチョウがこんなにいろいろあるなんてこと、naoggioさんやSさんに教えてもらわなければ、知りませんでした。
地域差が大きな蝶のようですね。
そんなところも魅力のひとつです。
2018-05-04 23:40 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |