FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


北陸遠征 ゼフ2種初見初撮り

梅雨が終わったかのように晴れ渡った日曜。
naoggioさん町田のSさん、それに戸塚のKiさんの4人で、北陸まで出かけてきました。
狙いは、北陸のアサマ ハクサンシジミとヒサマツ。

その前に、フジミドリが撮れればと、ちょっと寄り道。
そこは、大きなブナが立ち並ぶ、いかにもフジミドリが降りてきそうな場所。
naoggioさんとSさんがビーティンを開始する。
しかし、飛び出すのは蛾だけ。

Sさんが「しばらく待っていれば、上から降りてくるはず」というので、高いブナの梢を見上げて待つ。
しかし、頭上では風でブナの枝が揺れるだけで、蝶の気配はまったくしない。
まだ発ししていない?なんて考えが頭をよぎり始めた頃、naoggioさんが「フジミドリだ!」と叫ぶ声が聞こえた。
慌てて駆けつけると、naoggioさんのに指差す先に綺麗なフジミドリの♂が止まっていた。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II2018/06/24

I18A9004.jpg





カメラを持ち上げて、液晶モニタを見上げながら、何とか横向きのフジミドリを撮影。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン]

M6240220.jpg





しばらくすると、至福のときがやってきた。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II]
I18A9018.jpg





ほとんどスレのない美しい翅が徐々に開かれていく。
I18A9030.jpg




陽の当たり方で、表翅が怪しく輝く。
I18A9026.jpg 




この蝶独特の青みが美しい。
I18A9038.jpg





I18A9050.jpg





もう少しオリンパスで近づいて撮ろうと思ったとき、飛び立ってやや高いブナの葉に移動してしまった。
I18A9056.jpg




この後、叩いて降りてくることを期待したが、Sさんの予想通り、ブナの梢に消えて行ってしまった。
たった1頭だったが、十分過ぎるほど楽しませてもらえたので、すっきりした気持ちで次へ移動した。
I18A9065.jpg




ハクサンシジミのポイントでは、すでに採取者数人が探蝶しており、彼らが言うには「個体数がかなり少なく苦戦している」と。
「少ないのに採取してしまうのかよ」との言葉が喉から出かけるが、声に出す勇気がないAkakokkoです。凹○

この辺で待っていれば必ず出てくるはずとのSさんが言うので、信じて待つことに。
そこにやってきたのは、黄緑色の綺麗はハチ。
I18A9246.jpg




ネットで調べたら、セマダラハバチと言うらしい。
I18A9244.jpg




プラスチックのおもちゃのような、綺麗なハチだった。
I18A9249.jpg




そうこうしていたら、Sさんの言葉通り、♂のハクサンシジミがやってきた。
I18A9183.jpg





ハクサンシジミを見るのは初めて。
ミョウコウシジミに比べると、ちょっと白っぽいような感じだろうか。
I18A9212.jpg




I18A9239.jpg



naoggioさんの靴に止まった時は、青が綺麗に見えた。
I18A9130.jpg




数は少なかったが、採取者に邪魔されることもなく、ハクサンシジミを初撮りできたので、次に移動。
Sさんが、ヒサマツの前に確認したいところがあると言うので、そこに行って見ると、マンサクがたくさんあり、数本の栗も花を咲かせていた。
ウラクロとウラキンはまだ見たことのないゼフで、今季中に見たいと思っていたが、これだけマンサクがあれば、叩けば出てくるのではないかと、いやが上にもテンションが上がってしまう。

Sさんがビーティンするとそれらしい蝶が飛び出した。
期待を込めて止まったところを確認したら、ミズイオナガだった。orz
I18A9329.jpg




さらなるビーティングで数頭が飛びたした。
私が目追ったのは、トラフシジミだった。orz
I18A9319.jpg




するとnaoggioさんが「ウラキンだ!」と耳を疑うような言葉を。
慌ててnaoggioさんのところに行って見て見ると。
ピッカピカのウラキン♀が止まっていた。@o@)
I18A9268.jpg




同じポーズのままほとんど動かなかったが、それでも見とれながら何回もシャッターを押してしまった。初めてのウラキン。蝶超感激!!
I18A9305.jpg




この後、飛び立ちロスト。orz
再びのビーティングでまた違うゼフが。
逆光に前翅の先が赤く透けて見えたので、メスアカ♀かと思ったが、写真を明るくしたところ、後ろ翅のオレンジ班が上下に分離しているのでオオミドリ♀のよう。
I18A9317.jpg



ウラキンが撮れて、もう思い残すことがなく、ヒサマツに移動しようと言う時に、Kiさんが「ウラクロがいるよ」と。
瞬時に反応して、Kiさんの元に走る。
見ると、マンサクの葉に初めて見るウラクロが止まっていた。@o@)

レンズを向けようとすると、無情にも飛び立ち藪の中へ。ToT)
すると藪の中のマンサクの枝に止まって産卵を始めた。
暗い藪の中だったが、どうにか嬉しい初撮りができました。
Kiさんありがとうございました。
I18A9352.jpg




I18A9363.jpg




ようやくヒサマツのポイントへ。
もうスレているという情報があったので、あまり期待していたなかったが、スレてもヒサマツには、独特の魅力があります。
I18A9396.jpg




I18A9449.jpg 




I18A9453.jpg





I18A9471.jpg





I18A9458.jpg




次回は、もっと新鮮な個体に会いたいものです。

I18A9483_2019071322213601c.jpg




今回の遠征は、初撮り2種に新鮮なフジミドリと、今まで以上の成果があり、大々満足な遠征になりました。同行させていただいた3人に、大感謝です。
I18A9480.jpg 



スポンサーサイト



コメント

長距離遠征、お疲れ様でした。
フジ、ハクサン、ウラキン、ウラクロ、ヒサマツ・・・
改めてすごい成果だったなと思います。
フジの開翅、とっても綺麗に撮れていて羨ましいです。
これはまた挑戦したくなるツアーコースですね。
2018-06-27 13:42 naoggio #G0VbINhw URL編集 ]

フジミドリシジミの翅表の輝きが素晴らしいですね。
それに初撮りの2種のゼフ・・・きれいなウラキンにフジミドリの産卵とは羨ましい限りです。
最後にヒサマツまで撮影できるとは、本当に素晴らしい遠征でしたね。
2018-06-27 15:57 ダンダラ #hQytGWzM URL編集 ]

Re: タイトルなし

naoggioさん
出発時はハクサンとヒサマツがメインだったので、この結果には驚きを隠せませんよね。
念願だったウラキンがウラクロが、出発時に期待していなかっただけに、みなさんに感謝に絶えません。
定番コースにしたいところです。^^)
2018-06-27 20:48 akakokko #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ダンダラさん
出だしのフジからウラキン、ウラクロ、締めのヒサマツはスレてましたが、それでもヒサマツですよね。
本当に今回の遠征はすごかったです。
北陸は遠いですが、次回はご一緒できればと思います。
2018-06-27 21:17 akakokko #- URL [ 編集 ]

なんだか大興奮の様子が伝わってきました!!
すごい成果でしたね(*´∇`*)
梅雨の晴れ間ということもあって
なお感動だったことでしょう。
皆それぞれの独特の輝きを放って・・・♪
楽しませて頂きました!
拍手☆
2018-06-27 21:57 Sippo☆ #qgiCMeC. URL編集 ]

Re: タイトルなし

Sippoさん
私の興奮ぶりが伝わったのなら本望です。^^)
初めて見るゼフィルスは格別でした。
毎回こんな出会いがあるといいですけどね。
2018-06-28 21:31 akakokko #- URL [ 編集 ]

贅沢ツアーを羨ましく拝見しました。
完全に、超豪華ゼフ祭り、ですね(*^_^*)。
ウラキン&ウラクロ撮、おめでとうございます。
やはり、ウラキン(♀)の美しさにウットリ!!
2018-06-29 20:33 midori #0zwy.6sw URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

midoriさん
ウラキンは、ホントに綺麗でしたよ。
一緒に初撮できなくて残念です。
長野ではこれからのようなので、再度楽しみたいところ。
戻ってきませんか?(^ ^)
2018-06-30 10:32 akakokko #- URL [ 編集 ]

凄い

素晴らしい成果。
遠くまで出かけた甲斐がありましたね。
おめでとうございます。
仲間と撮影を楽しむ感動が伝わってきました。
2020-06-21 21:18 ごま #RDf..irw URL編集 ]

Re: 凄い

ごまさん
古い記事にコメントありがとうございます。
多くの成果があった遠征でした。
この時は、ウラキン、ウラクロを初撮できたのが一番の思い出です。
2020-06-21 22:02 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |