FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


7/1遠征その1(フジ、オオイチなど)

7月最初の休日、naoggioさんの都合がつかなかったため、町田のSさんと2人で長野を回ってきました。
狙いは、フジミドリ、オオイチモンジ、キマダラツバメ、その他ゼフ。
まずは、フジミドリとオオイチモンジが望めるポイントへ。

ポイントへ行く途中、ヒヨドリバナ?でアサギマダラが吸蜜していた。
花が翅に透けてピンク色に見える。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/07/01

I18A9506.jpg 




ポイントに到着するも、前回同様、Sさんのビーティングで飛び出すのは蛾ばかり。
ブナの梢を見上げても蝶影はまったくない。

遠くの樹林を舐めるように飛ぶ黒っぽいタテハが見えたので、オオイチかと期待したが、残念ながらミスジチョウだった。よく見ると飛び回っていた樹々はカエデのようなので、納得した。

I18A9508.jpg 






枝に止まったヒカゲ系の蝶。ヒメキマ?ヤマキ?
黄色斑が擦り消えたヤマキマダラヒカゲと判定するが、どうだろう。

I18A9509.jpg 




目的の蝶は、出てこない。
こんな時は、野鳥にも耳がいってしまう。
「ヒ、ツ、キー」とエゾムシクイが鳴いている。
目を向けると、遠くの枝にその姿が見えた。

I18A9516.jpg 





喉を潤そうと、リュックを置いた場所に戻ると、Sさんが「キバネがいるよ」と教えてくれた。キバネセセリは、Sさんのリュックでミネラル補給しているところだった。
逆光に縁毛とストローが光る。

I18A9543.jpg 





吸い戻しをしていたので、その瞬間を撮影して見た。

I18A9551.jpg 




ふとレンズフードを見ると蜂のようなアブが止まっていた。
TG-4
P7010798.jpg 



何度ビーティングしても姿を見せないフジミドリ。
これまた前回同様、諦めかけた時、青い輝きをチラつかせながら目の前に飛んできたて、やや見上げる位置にある葉上に止まった。ややスレた♂。
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 
I18A9555.jpg 




そんなところで開翅されても表翅が見えない。 ToT)
枝を手繰って表翅を撮ろうとしたら、飛び上がって高い梢へ消えていってしまった。orz

I18A9558.jpg 




オオイチは出てくる気配もないので、ポイントを変えることに。
車まで戻る途中、多くの蝶が出てきてくれた。

まずは、綺麗なヒメキマダラヒカゲ。

I18A9568.jpg 




その後、Sさんが「えっ!?」と驚く声を出した。
見ると、下草にフジミドリが止まっていた。@o@)

これこそ前回の再来か!と期待を込めて開翅を待ったが、呆気なく高い梢へ消えていった。
落胆のため息。orz

I18A9572.jpg 




ふらふらとウスバシロチョウが飛んできて、目の前の下草に止まった。

I18A9593.jpg 





その後、Sさんが「あそこに止まっているのはヒメジャノメかな?」というので、双眼鏡で確認して見ると、ウラジャノメだった。

I18A9602.jpg 




この地には何度も来ているSさんだが、ここでウラジャノメを見たのは初めてだという。
ラッキー!

I18A9610.jpg 




綺麗なヤマキマダラヒカゲが集まっていた。
サトキマダラヒカゲとの見分けポイントである、後翅付け根丸斑の黄色が抜けている。
こんな個体もいるんですね。

I18A9612.jpg 




とりあえずフジミドリは抑えたので、オオイチモンジをターゲットに移動。
水たまりのある砂地で見つけることができた。

I18A9626.jpg 




綺麗だが、後ろ翅が破損していたのが残念なところ。

I18A9651.jpg  




それでも目的を達成できたのでよしとしよう。

I18A9656.jpg 




もう1頭来たと思ったら、オオミスジだった。

I18A9631.jpg 




Sさんにコヒオドシの幼虫を見けてもらった。

I18A9638.jpg 




見回すと、たくさんの幼虫がいる。前蛹も見つけることができた。
羽化する時にも1度訪れたい場所だ。

I18A9635.jpg 




縁毛が綺麗なセセリチョウが止まっていた。
開翅しているが、かなり黒く見えたので何セセリなのかわからず、Sさんに聞くとコチャバネだという。ほんの少し、茶色い鱗粉が見えたので納得した。

I18A9636.jpg 




さらに次の蝶を狙って移動する。
続きは、次回に・・・

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |