FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


青いゴマを求めて

この土曜は、いつもの3人で青いゴマを求めて信州に行ってきました。
横浜は、外気温が27℃を越えている熱帯夜、午前3時にも関わらず ムッとする中での出発だったが、目的地は標高が高いため、場所によっては外気温が16℃と その温度差に驚かされる。

ゴマシジミは、活動時間帯になるとなかなか止ってくれず開翅もしてくれなくなるので、なるべく早い時間にオスを見つけて飛び立つ前の開翅を狙わないと、青い表翅を撮影するのが難しくなる。
と言っても、このポイントは個体数が少ないため、草むらに隠れている蝶を見つけるのも容易ではないが・・・

ポイントに到着した時の気温は19℃と、とても爽やか。
さっそく3人で朝露に濡れた草はらに入ってゴマシジミを探す。
ズボンの裾をびしょびしょにしながら探し回るも、出てくるのは蛾とジャノメチョウばかり。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 2018/08/04

I18A1889.jpg 




さんざん歩き回るも見つからない。
まだ発生していないのか、それも、考えたくはないが 元々発生数が少ない場所だったので絶滅してしまった?

仕方なく別の場所に行こうと車に戻る途中、Sさん叩いた草むらから1頭飛び出した。
ちらちらと飛ぶ姿は、ドッキっとするほど青く、嬉しいことに足元の草に止まった。
I18A1957.jpg




開翅の期待とは裏腹に、翅を閉じたまま。
日陰にしても、風を送って涼しくしてあげても開始する素振りすら見せない。
I18A1974.jpg




近寄っても逃げずにじっとしている。
そこで、魚露目を使ってマクロ撮影。
CX-4[魚露目8号]
P8040919.jpg 




よく見ると♀のよう、♀が開翅することはほとんどないため、せっかくの綺麗なブルーを撮ることができないことになる。orz
naoggioさんがプロキャプチャーで飛び出しを撮影したいというので、便乗。
と言っても私のカメラにはそんな機能は付いていないので、運を信じて連写するしかない。
300mmでは全く歯が立たないので、標準レンズに切り替える。
広角飛翔はほとんど成功したことがなく、写っていればラッキー程度だったので、撮影結果はその場では確認せず、帰ってからのお楽しみにしていたら、嬉しいことにバッチリ表翅が写っていた。
写真は、連写4枚を合成したものです。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm

M8040658-1.jpg




飛ばしてもすぐに下草に降りてしまうので、ちょっとだけ花に止まってもらおうとnaoggioさんの手乗りで移動。
M8040675.jpg 





移動先は、側に咲いていたオミナエシ。
ゴマシジミが自ら止まることはないと思うので、ちょっと違和感があるかもしれませんが・・・^^;
D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II] 
I18A2050_201907151203131e3.jpg




やはりゴマシジミはワレモコウだということで、ワレモコウに移動させようとすると、飛び立って止まった先はアカツメグサでした。
I18A2059.jpg 




♀がいたのだから♂もいるはずと、もとの場所に引き返す。
と、すぐにnaoggioさんが飛んでいるゴマシジミを見つけたが、すぐに見失ってしまう。
その後、徐々に姿を見せ始める。その全てが大きくて青い。
飛んでいる姿は、特大のツバメシジミ♂が飛んでいるように見える。

近くの萩の花に止まった。擦れた♂だ。
I18A2062.jpg




青い表翅の片鱗は見せてくれるが、開翅はしてくれない。
I18A2065.jpg 




ワレモコウに止まった♀が産卵を始めた。
I18A2099.jpg 




花芽が硬いのか、しばらく動き回って産卵しやすい隙間を探していた。
I18A2104.jpg 




産卵が終わると、このポーズでしばし休憩。
I18A2149.jpg 





なかなか止まらなかった♂も疲れてきたのか、止まる回数が多くなってきた。
I18A2219.jpg 




I18A2252_20190715120541376.jpg 





1頭が翅を開き始めた。
全開を期待したが、この角度まで開いた後、閉じてしまった。orz
青い表翅、いつか全開翅を撮りたいものです。
I18A2268.jpg 
スポンサーサイト



コメント

しっとりとしたゴマシジミの佇まい。
私、ゴマシジミとウラナミシジミに
同じような感覚を覚えます。
やはり、ワレモコウの上がお似合いですね♪
ラスト、青い表翅がちらりと。。
オミナエシの背景に映えて・・・♪
2018-08-07 22:04 Sippo☆ #qgiCMeC. URL編集 ]

Re: タイトルなし

Sippoさん
翅を閉じてじっとしているゴマシジミは、まさに「しっとり」という表現がぴったりですね。
大人しそうですが、飛び出すとなかなか止まってくれないヤンチャぶりでした。^^;
2018-08-08 21:47 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |