FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


久しぶりの帰省

9月3連休の直前に叔父が亡くなったため、急遽 帰省することになりました。

田舎が島のため、交通手段は飛行機か船しかない。
夏シーズンは終わっているので、余裕だと思っていたら、飛行機も高速艇も既に予約で満席。
唯一残った大型船になんとか乗ることができました。

時期外れなのに何でこんなに混んでいるのだろう?
観光客がピーク時の1/3に減少していることを考えると、嬉しいことではあるが。

大型船は、夜の11時に竹芝桟橋から出航する。

iPhone6S 2018/09/14-18

IMG_2997.jpg 




出航して間も無く、レイボーブリッジの下を通過する。
IMG_3006.jpg




IMG_3021.jpg



甲板もこの賑わい。
船内に席が取れなかった人たちは、甲板にシートを引いて到着までの一夜を過ごす。
IMG_3018.jpg




飛行機なら調布飛行場から20分、高速艇なら竹芝から2時間40分だが、この大型船は8時間半。
曇り空の下、翌朝7:30に我がふるさと新島に到着した。
IMG_3029.jpg




遊びに帰ってきたわけではないため、到着早々から出棺、火葬と葬儀が続く。

天気が回復した日曜日、一息ついたのは日が傾きだした頃。
外がオレンジ色に染まりだしたので、砂浜まで散歩に出かけた。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9161961.jpg 




残念ながら、水平線上に雲があり、海に沈む夕日は見られなかった。おまけにバッテリ残量がわずかになっている。汗)
慌てて出てきたため充電器を持ってこなった。
そのため、たくさん撮りたかったが、後のことを考え数枚で我慢。orz
M9161965.jpg




日中、暇な時間ができ、島にいる兄に、昔はなかったスポットに連れて行ってもらった。
島の南東側にある高さ250mの白ママ断層と呼ばれる真っ白な断崖絶壁の頂上。
日差しがないため海がちょっと残念な色ではあるが・・・
M9171989.jpg




風雨にさらされて、年々侵食されている。
私が知っている灯台は、今は何もない空間(写真に写っている灯台よりもはるか奥)に立っていた。
M9161947.jpg 




反対側にはサーフィンのメッカ、羽伏浦海岸が見える。
M9171987.jpg




上の写真で海岸が終わるあたりにある羽伏浦港から撮影。
左端の山が海岸に落ち込んでいる場所が、白ママ断層。
(4枚パノラマ合成)
名称未設定_パノラマ1のコピー





こちら側には、展望台も用意されている。
M9171985.jpg




昔は、もっと高い峠からこの海岸を一望できたのだが、平成12年の伊豆諸島北部群発地震で道路が寸断されて以降、行くことのできない場所になってしまった。
ちなみに海岸の南側の白ママ断層に続く断崖は8年前の記事で紹介しています。
IMG_3039.jpg




めずらしい抗火石がとれる山。
iPhone6S
IMG_3044.jpg 



ここからは、式根島、神津島を眺めることができます。
OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm]
M9171993.jpg




砂浜に咲くハマゴウの花。
子供の頃、水中眼鏡のくもり止めとして、この草をガラス面に擦り付けたものです。
P9180999.jpg




一週間に感じた3日間が過ぎ離島。
帰りも飛行機、高速艇は満席だったので時間のかかる大型船で。

船の進行に合わせて、トビウオが舞っていた。
iPhone6S
IMG_3053.jpg




連休を過ぎていたので、行きに比べて船内は空いていた。
IMG_3057.jpg




左に利島、その奥が大島、そして無人島の鵜渡根島、右端が新島。
IMG_3055.jpg




帰りは2時間早く、6時間半で戻ってこれた。
IMG_3070.jpg

スポンサーサイト



コメント

叔父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
船で長い時間をかけて、
お疲れ様でしたm(_ _)m
それにしても凄い人ですね。
海の色のまた綺麗なこと・・・!!
無人島って、どうなんでしょう。
人がいないということは、自然のみ。
どんな虫がいるのか、興味津々ですね。
大島だけは学生の頃、行ったことがあります。
2018-09-23 22:45 Sippo☆ #qgiCMeC. URL編集 ]

Re: タイトルなし

Sippoさん
ありがとうございます。
こんな時期にあんなに混んでいるとは予想外でした。
無人島の虫ですか、まったく考えたことはありませんが、確かに気になりますね。
2018-09-23 22:55 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |