FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


正月2日の撮り(鳥)初め

TD夫妻からどこかに野鳥を撮りに行かない?とのお誘いがあった。
どこに行こうかと考えたが、TD夫妻は未見のキクイタダキを撮りたいとのこと。
であればと、年明け2日目にキクイタダキを求めて水元公園に出かけました。
案山子さんも行く予定でしたが、鼻声で電話があり「風邪をひいて行けなくなった」とのこと。
残念だが年明けから大変だ。早く元気になって欲しいところです。

さて、3人とも水元公園は初めてで、マイフィールドの3倍ほどの広さ。
どこにポイントがあるのかわからない。
駐車場で撮影準備をしていると、3台隣の車から我々と似た様なカメラマンが三脚を担ぎながら、芦原の方に歩きだしていた。
声をかける間もなかったので、準備を終えてから後を追い、森の中に入って行く。
すると前方に数人のカメラマンが何かを取り囲んでいる。

レンズの先を見ると、とかなり近い位置で愛想のよいミソサザイが大人しく止まっていた。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/1/2

I18A6440.jpg 



TD夫妻にとってはミソサザイも未見だったようで、いきなりの初撮。
この公園を選んでよかったと、一安心。
I18A6452.jpg 



ひょいと飛んで後ろ向き。
I18A6461.jpg 



ミソサザイを撮影している時、視線の奥に大きなヒノキがあるのに気づいた。
目的のキクイタダキは針葉樹が大好き。
キクイタダキがいないかと、みなさんの撮影を邪魔しないようにゆっくり移動して、ヒノキの近くへ行って、生い茂る枝々の中を眺める。
すると小さな鳥影がひとつ ちょろちょろと動き回っている。
この大きさ、この動きはキクイタダキに違いない。
すぐにTD夫妻に教え、ターゲットをキクイタダキに切り替える。

キクイタダキは手強く 枝の間を落ち着きなく飛び回つので、なかなか撮影チャンスをくれない小鳥。
私にとっても久しぶりのキクイタダキなので、撮影にも力が入る。

ファインダーに入ったらひたすら連写したこともあり、なんとか撮れました。^^)
I18A6559.jpg 




I18A6563.jpg 



I18A6577.jpg 



しばらくしてキクイタダキを見失ってしまった。
まだ近くにいるだとうと探していたら、アトリが視界に飛び込んできた。
1枚で撮影したところでアトリにも逃げられてしまった。
I18A6602.jpg 



TD夫妻がキクイタダキをもっと撮りたいというので、枝々を見上げながら探索していると、いきなり目の前の枝にトラツグミが飛び上がってきた。
I18A6634.jpg 



すぐに逃げるかと思ったら以外にもじっとしている。
あまりに近過ぎてファインダーからはみ出してしまうので、ゆっくり後ろに下がって全体が入るように撮影。
I18A6650.jpg 



気持ちを察してくれたのか、少し奥の枝に写ってくれた。
期せずして、トラツグミの枝止まりを撮影することができた。^^)
この後、茂みの中に降りてしまった。
I18A6675.jpg 



どこに行ったかと茂みの中を探していると、これまたいきなり飛び出して来て頭上を通り越し、後ろの茂みに消えていった。その後を追うようにもう1羽が飛び出し、枝に止まった。
どうやらトラツグミがシロハラに追い出されたようだ。
I18A6680.jpg 



シロハラも消えたので、キクイタダキの探索を再開。
すると、バードサンクチュアリィの観察窓がある場所に出た。
観察窓から外を覗くと、堂々したカワウが。
真っ白な婚姻色になった頭の後ろの黒い冠羽が、魚のヒレのように見える。
I18A6709.jpg 



I18A6707.jpg 



ダイサギがいたので撮ろうとレンズを向けたら突然カワウが飛び出し、驚いたダイサギもジャンプ。
I18A6686.jpg 



そしてそのまま別の場所へ飛んでいく。
I18A6692.jpg 



対岸にはたくさんのカワウの巣があり、同じ木の枝にオオタカが1羽止まっていた。
I18A6715.jpg 



昼食を摂るため車に戻る途中、エナガの群れに遭う。
いつもだと可愛いエナガが、北風に吹かれて凛々しいヘアスタイルに。
I18A6771.jpg 




I18A6777.jpg 




湿地にはセグロセキレイが。
I18A6783.jpg 



昼食を終えて後半戦に臨むため、水辺沿いから森を目指す。
水面にはたくさんのホシハジロの中に、1羽だけミミカイツブリが混じっていました。
I18A6789.jpg 



森に入ると2人とカメラマンがレンズを上に向けている姿が目に入った。
レンズの先を見るとオオタカが止まっていた。先ほどのオオタカと同じ個体だろうか。
I18A6802.jpg 



ほどなくして、またキクイタダキを見つけることができた。
I18A6815.jpg 



今度はTD夫妻もそれなりに撮影できたようなので、この公園を後にして次の目的に移動することにした。続きは、次の記事で。
I18A7022.jpg 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |