FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


食虫植物と光るシクラメン

世界らん展の一角に食虫植物のブースがあった。
実は、この食虫植物が東京ドームへという山梨県のLineニュースを見て、これも見てみたいと思っていた。
そのブースは、外から見えない暗室になっていた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mm] 2019/02/16

M2163614.jpg 



行列に5分ほど並んで、暗室の入口へ。
中に入ると、LEDで装飾されたウツボカズラが・・・
写真ではかなり明るく写っているが、実際はかなり薄暗い。
当然、現像で暗部を持ち上げてます。
M2163617.jpg 



中には、似たようで種類の異なるウツボカズラが所狭しとぶら下がっている。
M2163618.jpg 



そういえば、壺のような花弁の蘭はウツボカズラを彷彿とさせる。
そんなつながりで展示されたのかと考えてしまう。
M2163579.jpg 



最初のものと同じ種類だろうか?
M2163619.jpg 



M2163621.jpg 



小さな壺は蓋が開いていない。
M2163622.jpg 



洋式トイレっぽいものもあった。
M2163627.jpg 



ウツボカズラはほとんどのものが垂れ下がったツルの先端に壺ができるが、地面に敷き詰めたような種類も。
M2163628.jpg 



一角に奇妙な蘭がひと株展示されていた。
世界最長の花弁を持つ蘭だそう。
M2163626.jpg 



そして出口付近に光るシクラメンが・・・
深海のプランクトンが持つ蛍光タンパク質の遺伝子を導入したということで、世界初公開だそうです。
確かに淡く光っていました。
M2163632.jpg 



らん展なのに何故か美ら海水族館の水槽もありました。
M2163653.jpg 




スポンサーサイト



コメント

蘭だけでなく、食虫植物の展示もあるのですか。
幅広く、興味深いですね!
こんなにもいろんな種類があるんですね。
みんな、生きるために必死ですから
様々な工夫を凝らして、今日に至るのでしょうね。
光るシクラメン・・・!?
めちゃ幻想的(◎-◎;)!!
ですが、本人は幸せなのかなあ・・・??
拍手☆
2019-02-20 22:18 Sippo☆ #qgiCMeC. URL編集 ]

Re: タイトルなし

Sippoさん
東京ドーム内に蘭の花があふれんばかりの展示だったので、見応えありますよ。
遺伝子操作は賛否両論いろいろありそうですね。
無理やりこんな姿にされて可哀想という気持ちももありますが、自分の光で光合成ができるとよさそうなんてことも考えてしまいます。
2019-02-21 21:58 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |