FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


干潟デビュー

デジカメで野鳥撮影を初めて10年以上になるが、干潟へ撮影に行ったことがなく、先週末、案山子さんTDさん夫妻と共に シギチ撮影のベテランである papilioさんに、干潟に連れて行ってもらった。
初めてお会いするBrid EchoramblinさんR君の計7人。

ポイントに到着した時はまだ潮が満ちており、干潟はない。
スズガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オオバンが水面にプカプカ。
横切って泳ぐスズガモの航跡が横一線に輝いていた。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/2/24

I18A9824.jpg 



そんな中、絶好の被写体 ウミアイサの♂が
I18A9928.jpg 



小魚をゲットしたが、なかなか飲み込めない様子。
I18A9795.jpg 



するとそれを見つけたスズガモが横取りしようと追いかけるが、小魚は無事ウミアイサのお腹に収まった。
I18A9811.jpg 



遠く離れたところで口を開けながら上を見上げる。
I18A9942.jpg 



見ていると、そのまま水没して行く。 ?o?)
I18A9943.jpg 



飲み込んだ小魚が喉に詰まったか? ^^;
I18A9944.jpg 



この後、何もなかったかのように羽ばたいて落ち着いた。
もう1羽が心配そうに見つめているのが印象的だった。
I18A9956.jpg 




堤防を見ると何やらたくさんの水鳥が・・・
よく見るとユリカモメとミヤコドリが入り混じっている。
証拠写真だが、ミヤコドリは嬉しい初見初撮。^^)
I18A0383.jpg 



こちらはハマシギの大集団。
I18A9850.jpg 



何とも綺麗に並んでいるものだ。
ところどころの大きな個体はダイゼン。この水鳥も嬉しい初見初撮。^^)
I18A9854.jpg 



その先に、先ほどのユリカモメとミヤコドリの集団。
一番手前の右側あたりに2羽のズグロカモメがいると、R君が教えてくれたが、水鳥に疎い私には、この時点ではどれがそれなのかわからなかった。
I18A9858.jpg 



時折、ハマシギは飛んできては大集団に吸収されていく。
I18A9840.jpg 



I18A9872.jpg 



一度だけ、スズガモの大群が飛び立った時は圧巻だった。
凄い数だ。いったい何羽いるんだろう。
こんなシーンをいつか撮りたいと思っていただけに、嬉しい瞬間だった。
I18A9912.jpg 


さて、続きは次回に。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |