FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


水田のシギチ

干潟の後は水田でシギチに会うことができました。
姿形が似たようなシギ達。マイフィールドで見慣れているシギはすぐわかるが、それ以外はベテランの3人(papilioさんramblinさんR君)に種名を教えてもらわないとさっぱり分からない。

この2羽、左のタシギはすぐに分かったのだが、左のオオハシシギは知らなかった。
嬉しい初撮です。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/02/24

I18A0439_20190301220529e6c.jpg 



こちらはアオアシシギ。
初撮だと思っていたら、7年前に撮影していました。
I18A0464.jpg 



多くのオオハシシギの中にアオアシシギが2羽。
他にはいないと思い込んでいて、あとで写真を整理していたら1枚だけ赤い嘴のシギが写っていた。
papilioさんに判定してもらったらアカアシシギとのこと。
証拠写真にもなりそうもないけど、初撮です。^^;
I18A0454.jpg 



かなりくたびれた様子のアオサギ。
I18A0475_201903012205315ee.jpg 



オオハシシギがかなり小さく見えてしまう。
I18A0478.jpg 



頭上をムクドリの群れが通り過ぎる。
ホシムクドリが混じっていないかと期待したが、見当たらなかった。
I18A0550.jpg 



ちょっと場所を変えると、見つけにくいところにムナグロが数羽。
ムナグロも初撮です。
I18A0561.jpg 



土手の上にはキジも
I18A0569.jpg 




7年ぶりに見るチューヒが大空を舞っていた。
I18A0582.jpg 


I18A0616_20190301220818499.jpg 



オジロトウネンも初撮でした。
I18A0633.jpg 



タカブシギは8年ぶり。
I18A0639.jpg 



何かに驚いて飛び去る。
I18A0645.jpg 



ヒバリシギは初撮。^^)
I18A0657.jpg 



一角にタヒバリが数羽いて、1羽が大きなミミズを食べようとしていた。
I18A0697.jpg 



papilioさんが「オオヒシクイの飛来地が近くにあるから」ということで、連れって行ってもらった。
ポイント到着すると頭上を旋回するオオヒシクイの群れが飛んでいた。
保護活動をしている方が「さっき飛び立ったので、今日はもう戻って来ないよ」と・・・
ギリギリのタイミングだったということだ。とりあえず撮影できてよかった。
I18A0764.jpg 




成田空港へ降り立つ飛行機を誘うように、オオヒシクイ達は遠くに飛び去っていった。
I18A0841.jpg 



最初のポイントに戻るとオオハシシギとアオアシシギがまだいてくれた。

意外と綺麗な模様のオオハシシギの翼裏。
I18A0884.jpg 



タゲリも
I18A0975.jpg 



近くにいたオオハシシギが驚いて飛びのく。
I18A1073.jpg 



そして多くのシギが飛び去っていった。
I18A1092.jpg 



I18A1103.jpg 



数えてみたら初撮7種。
干潟は残念だったが、とても充実した遠征となった。
案内いただいたpapilioさんとramblinさん、R君に感謝します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |