FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ウラゴ幼虫

案山子さんが以前からマイフィールドで観察していたウラゴマダラシジミの卵が孵化して、幼虫がイボタの葉を食べていたと写真展に来た知り合いが言うので、写真展を抜け出して見に行ってみた。

教えてもらった場所にあるイボタの枝をチェックすると、抜け殻の卵塊が見つかった。
かなりの数、孵化したようだ。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2019/03/10

M3103923.jpg 



幼虫もすんなりみつかるだろうと葉を見回すが、それらしきものは見当たらない。
食痕のある葉はちらほら見つかるが、肝心の幼虫がいない。
これか!?と思ったら、イボタの芽だった。
M3103924.jpg 



小さなイボタを眺め回すこと5分?10分?
葉の裏にいた一頭をやっとのこと見つけることができた。
大きさは、1mmほど。
M3103925.jpg  



それから3日後。
休暇をとって写真展に詰めていたら、Td夫妻が来て「ウラゴ幼虫が枝の上を這っていた」というので、再度見に行ってみた。
すると二股に分かれた枝の谷間に隠れるように2頭がじっとしていました。
2019/03/13
M3133947.jpg 



1円玉と比較することで、幼虫の大きさが分かるかと。
M31339481.jpg 



そして更に3日後、再々度 写真展を抜け出してみに行ってみたら、2頭ともほぼ同じ場所でじっとしていた。寒さがぶり返したため、そのまま動けなくなったのだろうか?
2019/03/16
M3163972.jpg 



ミドリシジミの卵を見に行ってみたが、こちらはまだ眠っているようだ。
M3163979.jpg 



以前に見つけていた2つの蛹の様子もチェックしたが変化なし。
いつ羽化するのだろうか。
ナミアゲハ
M3163964.jpg 



クロアゲハ
M3163965.jpg 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |