FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ギフチョウに逢いに

暖かい日が続いていたので、かなり早いがギフチョウもたくさん出ているのではないかと思い、週末の日曜に行ってみようと思っていたら、土日は寒波で2月並みの気温に下がるとの予報だったので、その前に案山子さんを誘って出かけてみた。

車での外気温の表示を見ると20℃。
ギフチョウがいてもビュンビュン飛び回るだけで撮影できないのではないかと心配になる気温。
車を降りてポイントまで歩き始めると、山道にはミヤマセセリが飛び回っている。
1頭が近くに止まったので撮ろうとカメラのスイッチを入れてファインダーを覗くと、左上に表示されるバッテリー残量が最低レベルになっている・・・えぇ〜 @o@)
こ、これでは無駄撃ちができない。と直ぐにスイッチを切り、本命のギフチョウのポイントへ急ぐ。

ポイントに着くと既に2人のカメラマンがモミジイチゴの前でスタンバイしていた。
40分ほど前に1頭か人しただけで、ずっと待っていると言う。嫌な予感・・・
モミジイチゴに吸蜜に来るのはミヤマセセリだけ。
ギフチョウはまったく姿を見せない。
バッテリーを気にしつつ、ミヤマセセリを撮影する。

D MarkII [ED 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2019/03/22

I18A1157.jpg 




汗ばむ陽気の中、ギフチョウは一向に現れない。
とりあえず諦めて、スギタニルリシジミを撮りに移動し始めた時、女神が目の前に現れた。
やった!という嬉しさと、この気温なので、そのまま飛んで行ってしまうのではと不安に思いながら目で追うと、直ぐ近くの小枝に止まってくれた。
まるで「撮影して」と言っているようで、回り込んで撮影するまで止まっていてくれた。

I18A1166.jpg 



もっと飛んでくるだろうと思っていたが、結局この1頭だけ。
たくさん見られるようになるのは、まだまだ先になりそうだ。

麓の里では、そこそこの数のスギタニルリシジミが飛んでいた。
ギフチョウが1頭だけだったこともあり、このりのバッテリーでスギルリを楽しむことができた。^^;

I18A1171.jpg 




もっとブルーの縁毛を狙いたかったが、これ以上低い角度から狙うことができず。orz
I18A1181.jpg 




開翅も撮りたかったが、一度もチャンスをもらえなかった。orz
I18A1190.jpg 




地面近くをウロウロしていたスギルリが上に舞い、スギの雄花に止まった。
I18A1192.jpg 



スギルリがスギで吸蜜? だったら面白いですね。^^;
I18A1205.jpg 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |