FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


なんとかミドリシジミを満喫

週末の金土、天気の悪い中ミドリシジミを楽しむことができた。

まずは金曜日、朝5時に目が覚めた。
外を見ると曇っていて日差しはなく、午後から雨の予報。
土日の天気も悪い予報なので、こんな天気で諦めたら次はないかもしれないと思い、6時過ぎにマイフィールドに向かう。
1週間前、ウラナミアカシジミが大量いた下草をチェックしたが、もぬけの殻。
タケクンさんと出会い、一緒に探索したが何も見つからない。
やはり天気のせいだろうか。

気になっていたアカシジミ?の蛹をチェックしたら、無事羽化したのか蛹は空になっていた。
何故か蛹殻に小さなアリが集っていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 2019/06/07

X6072782.jpg



何も出てこないので、タケクンさんと別れて、マイフィールド2へ。
誰もいない中、少し擦れたアカシジミが1頭待っていてくれた。
X6072772.jpg



ちょっと遠いが、生い茂る葦の上にミドリシジミが止まっているのが見えたのが救いだった。
チラチラと飛んで葦の中に潜ってしまった。orz
しばらくすると別の1頭が現れ、葦の葉上を転々としたあと、すぐ近くの桑の葉に止まった。
これは絶好のチャンスとレンズを向けたら、次の瞬間、ちらっと青い筋を見せて飛び去ってしまった。orz

また遠くの葦の上に止まるミドリシジミが見えた。
X6072974.jpg



もっと近くに来いと思っていたら、ミドリではなく、案山子さんがやってきた。
すると、あそこにミドリシジミが止まってると、桑の葉に止まる2頭のミドリシジミを見つけてくれた。そこへ、もう1頭飛んできて3頭に。
X6072852.jpg



もう1頭飛んできたミドリが開翅した。O型のメスだ。
X6072863.jpg



葦の上の個体も開き始めた。
X6072884.jpg



別の葉に移動した開翅♀をロックオンしていたら、♂がやってきて半開翅。
X6072895.jpg



この♂が気に入らなかったのか、♀が飛び出し♂がその後を追っていってしまった。
X6072914.jpg




翌土曜日
午後雨だが午前中晴れ間が出る予報だったので、早めに行こうと朝早く起きたのだが、窓を開けると霧雨状態。これはダメだと2度寝。8時半を過ぎても暗い空に出るのを躊躇していたら、案山子さんから電話がかかってきた。
これからフィールドに向かうというので、私も行ってみることにした。

フィールドに着くと、既にnaoggioさんと戸塚のTaさんが来ていて「あそこにミドリが止まっている」と教えてくれた。ちょっと遠い。
X6082994.jpg


その奥でキアゲハが寝ていた。
X6082996.jpg


遠くのミドリシジミに動きがなく、近くに止まっていないかと探していると、生い茂る葦の中に止まっている蝶影を見つけた。
X6083006.jpg


夏型のトラフシジミだ。こんな写真しか撮れないのが残念。
X6083004.jpg



予報では、もう晴れ間が出ていい時間帯だが、そんな兆しはまったく見えない。
X6083011.jpg


11時なろうかという時間、O型の♀が開翅した。
X6083042.jpg


すると、他のオスも続くように開きだした。
X6083117.jpg



X6083126.jpg


いい色だが、少し傷があるのが残念なところ。
X6083145.jpg



X6083294.jpg



X6083300.jpg



X6083308.jpg



X6083317.jpg


この時間になってようやく陽射しが出てきて、面翅の色が変わってきた。
X6083454.jpg


が、日差しは一瞬だけで終わり。
X6083483.jpg


飛んでいる個体を連射してみた。
左上からくるりと一回転して右上に止まるシーン。7枚の連射合成です。
X6083540-2.jpg



X6083549.jpg


気がつけば12時を回っていて、ほとんどのミドリシジミが樹上に上がってしまった。X6083586.jpg


妙な天気だったが、なんとか今年もミドリシジミを満喫することができた。
来年もたくさん出てきてほしいものだ。
X6083596.jpg
スポンサーサイト



コメント

アカシジミの蛹の抜け殻にアリが集まるというのは面白いですね。
何らかの誘引物質があるのでしょうね。
羽化した時にアリの注意を抜け殻に引きつけるためとか、妄想が膨らみます。
ツーショット、両方にピンが合っていてすごいです。
2019-06-10 17:11 naoggio #G0VbINhw URL編集 ]

Re: タイトルなし

naoggioさん
抜け殻にアリがたかるというのは確かに不思議ですね。
羽化の時のおっしこ とかですかね?
ツーショット開翅が撮れるなんて思ってもいなかったので、ラッキーでした。
願わくばAB型が・・・なんて欲が出ます。^^;
2019-06-12 20:29 akakokko #- URL [ 編集 ]

ミドリシジミ雌雄満喫

ミドリシジミ雌雄満喫されたようで、とっても羨ましいです。
6/7(金)最後の飛び立った雌に追尾する雄のペア写真
動きがあって面白いですね!
2019-06-15 19:06 ヒメオオ #- URL編集 ]

Re: ミドリシジミ雌雄満喫

ヒメオオさん
ミドリはそれなりに楽しめていますが、まだ消化不良の感はあります。
もっとじっくり撮りたのですが、天候も含めなかなか思うように行かないです。
2019-06-15 21:22 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |