FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


在庫から鳥

2週間半前、樹上に上がってしまったミドリシジミが降りてこないかと淡い期待で待っていた時、小鳥が飛んできて近くの木道の手すりに止まった。
シジュウカラの幼鳥だ。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II] 2019/06/17

I18A4034.jpg



レンズを向けていたら面白い仕草を見せてくれた。
I18A4039.jpg



I18A4040.jpg



このあと、案山子さんが近くの遊水池でカイツブリの子育てを見に行こうと誘ってくれたので、行ってみた。

カイツブリの巣は複数あり、一つは数日前の大雨で水没。一つはまだ抱卵中のようで、もう一つの巣は空っぽ。別の場所では、1羽の雛に餌をやるカイツブリがいた。
I18A4072.jpg



空っぽだった巣のところに戻ってくると、3羽の雛が戻っていた。
I18A4177.jpg



しばらくすると親が来て、お食事タイムとなった。
大きなザリガニがメインディッシュのようだ。
I18A4293.jpg



白身を小さくちぎって、雛に与える。
落ちていくザリガニの残骸を再度、親鳥が潜って取り戻し、また千切って与えるのを繰り返す。
I18A4335.jpg



落ちていくザリガニを狙って、右側の雛が潜ろうとするが・・・結果はご想像の通りです。^^;
I18A4337.jpg



近くに釣りをしている小学生の兄弟とお父さんの3人組がいた。
ザリガニでも釣っているのかと思っていたが、案山子さんが「何釣っているんですか?」と声をかけると、お兄ちゃんが答えてくれた。「ウシガエル!」
??ウシガエル? 「そんなのとってどうするの?」明確な回答はもらえませんでした。^^;
するとお兄ちゃんが成果を見せてくれると言う。
足元にある発泡スチロールのクラーボックスを開けたらびっくり!
大きなウシガエルが、6〜7匹は入っていただろうか? 写真を撮らせてもらおうと思ったら、1匹脱走したため、すぐに蓋を閉められてしまった。
脱走犯は、こいつ。 

iPhone6S

IMG_3828.jpg



このあと、川と遊水池を隔てる塀の上で、オオヨシキリを撮影していたら、ウシガエル釣りの親子がやって来た。
お兄ちゃんが、10mほどの下方に広がる湿地を眺めたかと思うとすぐに「いた!、あそこにいる!お父さん竿投げて!葦の生えている縁のところ」といい出した。
一体どこにいると言うのだろう?
肉眼では全く見えない。案山子さんも私と同じで見つけられない。
本当にいるのだろうかと、訝りながら双眼鏡で葦の縁を眺めていくと・・・いた!
おそるべし、ウシガエルハンター。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II]

I18A4104.jpg




次は、1週間半前のアサマシジミ遠征の時に撮影した鳥、4種。

遠くの枯れ枝の上で歌っていたホオアカ
2019/06/23
X6234726.jpg



電線止まりのノビタキ
X6234553.jpg



アサマを撮影していた時に、近くに飛び出して来た雛。ホオジロだろうか。
X6234623.jpg



ギョッギョッギョ〜ジギョウ〜ジギョジギョジギョジ、バッバッババババ!
とけたたましい鳴き声で上空を飛び回るオオジシギ。
その鳴き声からカミナリシギと言われるらしい。
鳴き声は、CDで聞いたことがあったが、生で聞いたのは今回が初めて。実は、初撮りです。^^;
X6234687.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |