FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


マイフィールドが続きます

金曜日、案山子さんからLineで送られてきた写真を見て驚いた。
そこには、見たことのない白い小鳥が写っていた。コサメビタキの白化型?と思ったのだが、尾羽に対する翼の長さからエゾビタキだろうとのこと。

これは見てみたい、ということで土曜日もマイフィールドに直行。
ポイントに着くと既に40人ほどのバーダーがスタンバイしていた。

iPhone6S 2019/09/28

IMG_4198.jpg



先週は、十数人だったのに珍しいエゾビタキ目当てに多くの人が集まってきたようです。
みなさん手持ち無沙汰の状況から目的の鳥がいないことがわかる。
知り合いの常連さんに状況を聞くと今日はまだでていたいとのこと。
しかたないので、ここを通り過ぎて被写体を探す。

大風15号の強風で折れた大きな枝が垂れ下がるコナラに張られたバリケードのパイロンにアカボシゴマダラが止まるのが見えた。破損しているのがちょっと残念。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X9287709.jpg



エゾビのポイントに戻ったら、普通のエゾビタキは出てきたそうだが、白い個体は現れないとのこと。
徐々にカメラマンが減ってきたのでエゾは諦め、別の被写体を求めて彷徨う。

擦れたツバメシジミがあちこちで飛んでいる。
X9287719.jpg



オニドコロの葉にダイミョウセセリの幼虫を見つけた。

TG-4

P9281367.jpg



先週撮影したゴマダラチョウの卵を確認しようとエノキを葉を探したが、見つからない。
もう孵化した? 若齢幼虫も見つからないが・・・
見つかったのは、3齢?のアカボシゴマダラ幼虫。
P9281372.jpg



別の場所でアカボシゴマダが産卵していた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X9287839.jpg



卵は、曇っていたのでLEDライトを当てて撮影。
産卵シーンを目撃しないと、葉に付いている卵あけではゴマダラチョウと見分けがつかない。

TG-4

P9281379.jpg



この母蝶、エノキの幹を下って、地面近くの幹にも産卵していた。
食料(葉)から遠いこんなところで孵化する幼虫は、生きていけるのだろうか?

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン]

X9287874.jpg



ちょっと大きめのヒメジャノメが静かに見守る。
X9287932.jpg



シジミチョウが飛んでいるとのかと思ったら・・・
X9287940.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |