FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


令和二年 初遠征

昨年、一昨年と年明け早々に案山子さんTDさん夫妻の4人で野鳥を求めてプチ遠征しているが、今年は案山子さんの体調がイマイチということで、TDさん夫妻と3人でのプチ遠征となった。

遠征先は埼玉県のとある公園、久しぶりのキャノンでの撮影だ。
到着早々カケスが出てきたが、私は撮り逃してしまった。
その直後、数人のカメラマンがアカゲラ撮影している場所に出た。
アカゲラは至近距離で木の幹を突いているのだが、どうも枝被りで撮れる位置ではない。
回り込むと飛ばれそうで、これも撮れずに終わってしまった。orz
今年の苦難を暗示しているのか・・・ちょっと不安になる。

芦原に数人のカメラマンがいて、シジュウカラの群れにレンズを向けていた。
ベニマシコがいそうだと思っていたら、♀が目の前に出てきてくれたので、ようやく今年初遠征の初撮ができた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2020/01/03

I18A5453.jpg


♂も期待したが、出てきてくれなかった。
I18A5467.jpg


樹上にシメが止まった。
I18A5534.jpg


もう一度、芦原に目を向けると、カシラダカの群れもちょろちょろと動き回っていた。
I18A5554.jpg


この公園はカメラマンの数が多い。あちこちで鳥の声が聞こえるいい感じの公園だ。
カメラマンとすれ違いながら歩いているとヤマガラが下に降りてきた。
I18A5587.jpg


下草から飛び上がってきた1羽。
カシラダカだと思ったが、よく見るとアオジ♀だった。
I18A5615.jpg


池に張った氷の上をセグロセキレイが歩き回っている。
I18A5634.jpg


I18A5651.jpg


I18A5653.jpg


この冬、まだ見ていなかったツグミも撮れた。
I18A5664.jpg


ジョウビタキは、冬の定番。
I18A5670.jpg


ウラギンシジミが越冬していた。
I18A5685.jpg

TG-4

P1031431.jpg


ひとりのカメラマンがレンズを向けていたので何を撮影しているのかと近くへ行くと、モズ♀が見通しのいい場所に止まっていた。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン]

I18A5709.jpg


園内を一回りしたが、他の目新しい野鳥は見当たらないので、ビンズイを撮りたいというTDさんのために別の公園に移動することにした。

移動した先には、前の公園に比べて鳥影がとても少なく、カメラマンがまったく見当たらない。
一抹の不安が・・・
とりあえず野鳥マップを頼りに園内を回るが、ちらっと鳥影が見えても藪の中に入ってしまうため、何だったのか確認すらできない。
ベンチに座って昼食をとっていたら、ジョウビタキ♀が挨拶にきてくれた。
I18A5737.jpg

I18A5747.jpg

I18A5749.jpg


ビンズイが多いという松林を探索するも鳥影がなく、Aさんが綺麗な♂のルリビタキを目撃できただけ。
園内を半周した後、ルリビタキがいた松林に戻って再探索。
しばらくすると椿の木から木へ飛び移る鳥影を見つけた。静かに追っていくと看板の上に出てきた。
綺麗なルリビタキ♂だ。
I18A5776.jpg

この後、遠くに逃げられてジ・エンド。凹○
I18A5812.jpg


ふと見ると、落ち葉の上にビンズイの群れが出てきていたので、急いでTDさんに教えたが、警戒心が強く、暗い林床をちょろちょろ動き回るため、撮影は難しい状態だった。
I18A5842.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |