FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


プチ野鳥遠征

案山子さんからのお誘いで、TDさん夫妻の4人で県内プチ遠征。
まずは、綺麗な♂のルリビタキがでるというとある公園へ。

ポイントに着いたがカメラマンは誰もいない。
ジョウビタキ、アオジ、シメはいるがルリビタキの気配はない。
しばらくしてTDさんがルリビタキを見つけるも、タイミング悪く人が通りかかって茂みの中に入ってしまった。

いることは分かったので出待ちするも、その後一向に出てきてくれない。
代わりにシジュウカラとヤマガラの群れがやってきて、あちこちを飛び回る。

D MarkII [EF 300mmF2.8L IS II x1.4テレコン] 2020/01/25

I18A5893.jpg



ルリビタキも出てきてくれないかと、動き回るシジュウカラ達をみていたら、1羽だけ一回り大きな白黒の鳥が目の前の枝に止まった。えっ何!?

よく見ると何とリュウキュウサンショウだった。
残念ながら直ぐに茂みの中に消えていったため、こんな後ろ姿しか撮影できなかった。

I18A5912.jpg



その後、ルリビタキが出てくる気配もなく、場所を替えることにした。
案山子さんの案内で、イカルが入っているという公園に移動。

ポイントに着くと数人のカメラマンがいるがレンズは下を向いたまま。
待っていれば出てくるのか、ちょっと不安になる。
すると、先着のカメラマンが♂のアオバトが1羽いることを教えてくれた。
これはイカルよりも嬉しい情報。
喉下を怪我していて、じっとしているとのこと。
確かに喉下の羽が乱れている。
I18A5936.jpg

I18A5957.jpg


反対向きになったので、被りなく全身が見えた。
羽の抜けた喉下が痛々しい。
I18A5992.jpg


しばらくすると枝を登り始めた。
I18A6004.jpg


葉の茂みに隠れたと思ったら、実っているドングリを食べ始めた。
I18A6025.jpg


残念ながら食事シーンはこんな写真しか撮れなかった。
I18A6036.jpg


イカルはというと、10羽ほどの群れをTD.Aさんが見つけてくれた。
I18A6142.jpg

I18A6168.jpg

I18A6178.jpg

I18A6185.jpg

I18A6201.jpg

I18A6240.jpg

I18A6248.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |