FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


北アルプスの高山蝶 前半

先週末、naoggioさん町田のSさん横浜のKiさんMiさんの5人で北アルプスの高山蝶の撮影に出かけました。
かなりの高標高値なのに、最初に出てきたのは普通種のアカタテハ。凹○
沖縄から北海道まで全国に分布する生命力の強い蝶ですね。

イワカガミでの吸蜜。
普通種ですが、平地では撮れない花での吸蜜は嬉しいものです。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2020/08/02

X8024846.jpg

X8024852.jpg


目的の高山蝶を求めて探索していたら、naoggioさんが「いた!その辺りを飛んでいるのが見えた」と言うので全員の目が指差す辺りを集中的に探査する。
しかし動くものはなく、蝶の影も見えない。その辺りの草むらを叩いても何も出てこない。
幻覚? ^^; なんて冗談を言っていたら、naoggioさんが反他方向を指差して「あれ!」と。
見るとそれらしき蝶がひらひらと飛んでいる。
見失わないように全員の目で後を追うことしばし。ようやく葉の上に止まってくれた。
それは紛れもなく目的の一つクモマベニヒカゲだった。
今回、私が一番撮りたかった蝶、8年ぶりの撮影だ。
白線が短いので♂のようだ。
X8025008.jpg


♂が遠くへ飛び去ったあと、探索再開。
ふと振り返るとKiさんとMiさんが何かにレンズを向けている。
特にみんなを呼ぶ感じでもないのでクモマベニではないことはわかるが、レンズの先に何がいるのか気になったので近くに行ってみたら、ラン科のテガタチドリで綺麗なクジャクチョウが吸蜜していた。
X8025012.jpg


次が現れないかと探し歩いていると、目の前に1頭の蝶が飛び出した。
ちらちらと見える茶オレンジの表翅から これもクモマベニヒカゲであることを確信し「いたよ」とみんなに知らせる。
やがてクモマニガナに止まって吸蜜を始めた。
右後翅が破れているが、嬉しい♀個体だ。
X8025042.jpg

X8025074.jpg


吸蜜を終えると遠くに飛び去ってしまったため、また探索モードに切替。
しばらく歩いていると、前方の道路に止まるタテハらしき黒い影が見えた。
近づいて確認すると、綺麗なキベリタテハだった。
X8025082.jpg


逆光なので回り込もうとしたら飛び立って林の奥に消えていった。orz
X8025089.jpg


次に現れたのはMiさんが見つけたベニヒカゲ。綺麗な♂だ。
X8025135.jpg

X8025138.jpg


イタドリで吸蜜。
X8025156.jpg


もうそろそろ次の本命が出てきてもいい場所だが、なかなか見つからない。
するとSさんが、ミヤマコウゾリナで吸蜜するミヤマモンキチョウ♀を見つけてくれた。
2つ目の本命である。
ちょっと擦れているのは残念だが、初撮のアルプスモンキに感激。
X8025219.jpg


その時はSさんと私の二人だけ、他の仲間が来るまで見失わないように見張っていると、飛び出したこの個体が見えない位置の草裏に入り込んだ。
と、その視線の少し下に水色のシジミチョウらしきものがいることに気づいた。
よく見るとイワオウギの花に止まるアサマ(ヤリガタケ)シジミだ!
X8025230.jpg


青くないタイプなのが残念だが、目的としていた3種目を見つけることができて感激。
X8025242.jpg


辺りを見回したが、いるのはこの♂1頭だけだった。<後半へ続く>
X8025262.jpg

X8025267.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |