FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


北八ヶ岳のベニヒカゲ

前々から息子が自然を満喫したと言っていたが、なかなか休みと天候が合わず、ようやく先週末出かけることができた。
どうせ行くなら、蒸し暑い横浜を脱出して涼しい高原がいい。
いくつか候補をピックアップし、涼しさと蝶の一石二鳥を狙って北八ヶ岳をチョイス。

当日の山の天気は、午後から雷雨。なので、なるべく朝早く行くことにした。
といってもいつも遠征と比べるとかなり遅い時間ですが・・

フロントガラスの向こうに八ヶ岳連邦が見えてきたので、スマホで撮ってみた。
雲も少なく山からの眺めが良さそう。

iPhone6S 2020/08/30

IMG_5050.jpg


ロープウェイで標高2237mの坪庭へ。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M8308041.jpg


ところどころ縞枯れが見られる。
M8308049.jpg


到着した時は、太陽が雲に隠れてしまった。

iPhone6S

IMG_5052.jpg


ひんやりとまではいかないが、下界に比べると快適な涼しさ。
日差しもないため、蝶の姿はまったくない。orz

だめか、と思いながら坪庭の木道を歩き始めると、アザミに止まるベニヒカゲを見つけた。
かなり色が薄くなっている。もうシーズン終盤なのかと、少し落胆。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

X8300284.jpg


高台から坪庭を一望。奥の方に中央アルプスも霞んで見えていた。

iPhone6S パノラマ

IMG_5054.jpg


後ろには、溶岩が剥き出しになったところも

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M8308061-1.jpg


ちょうどこの辺りだけ天然の日傘をさしているように日陰になっている。
M8308060.jpg


少し遠い先に鳥影が見えたのでレンズを向けると、ルリビタキ若が止まっていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

X8300293.jpg


木道を歩いていると、木道の上に小さなトンボが落ちていた。
翅を触っての飛ばないので死んでいると思ったら、気温が低くて動けないだけのようだった。
ムツアカネというトンボだそうです。タケクンさんに教えてきただきました。

OM-D E-M1 [MZUIKO ED 8mm Fisheye]

M8308077-1.jpg


一回りしてロープウェイ駅まで戻ってきたところで、日差しが出てきた。
すると、どこにいたのかたくさんのベニヒカゲが飛び始めた。
中には、まだ綺麗な個体も。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x1.4テレコン] 

X8300298.jpg

X8300320.jpg

X8300325.jpg

X8300329.jpg

X8300337.jpg


アザミでクジャクチョウも吸蜜していた。
X8300302.jpg

X8300303.jpg


スポンサーサイト



コメント

木道のトンボは見つけた場所の標高や胸の模様などからムツアカネらしいですね。実物は見たことがありませんが、高原でこの外見だと対象は限定されます。
2020-09-03 06:03 タケクン #qhCtJObI URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

タケクンさん
ありがとうございます。
小さなシオカラ♀のようなトンボだなぁ、なんて思ってました。^^;
トンボも難しいですね。
2020-09-03 22:07 akakokko #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |