FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


越後ギフ その3

第三弾のトップは、赤上がりのこの個体。
たくさんのギフチョウが飛んでいたが、赤が上がりはこの時しか撮ることができなかった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm x2.0テレコン] 2021/04/11

X4118524.jpg


これは交尾ではなく、♂同士の絡み合い。
Kiさんが見つけた羽化直のオスに、別のオスが襲いかかったシーン。
♀のフェロモンが出ていたのだろうか・・・
X4119118.jpg


昼食のパンを食べながら休憩していたら、目の前の椿の木でじっとしている交尾嚢がついた♀を見つけた。これも羽化かして間もない個体のようだ。
X4119176.jpg


産卵シーンは撮影できなかったが、naoggioさんに教えてもらいグリーンパールのような卵だけ撮影。
X4110226.jpg


前記事で、交尾個体の後ろに残雪を持って行っての撮影はできたが、できればヤラセでない残雪バックが撮りたいと粘ったのだが、残雪に近づいてくれる個体はなかなかいない。
近くを通り過ぎる個体を連写して、かろうじて雪が見える写真が1枚だけ撮れた。凹○
X4118937.jpg


吸水のため、残雪の近くに降りてくれた個体もいたが、直接 雪で吸水してくれると絵になるのに・・・
X4110684.jpg


前々記事での白いカタクリで交尾を終えた♀は、弱々しく飛び上がり、木の幹に止まった。
X4110314.jpg


まだ元気がなかったので近づいても逃げない。そこで、魚眼で撮影することに。
すると、画角の中にnaoggioさんが割り込んできた。^^;
M4119540.jpg


この後、飛び出して椿の葉へ移動。
X4110335.jpg


剥がされた交尾嚢がよくわかります。
X4110353.jpg


新潟には、後翅のオレンジラインが薄いヒメギフのような個体がよく見られる。
この個体は、赤斑も薄いので とても希少なイエローテールかと思ったのですが、後裏翅を確認したSさんから「イエローテールではない」との判定をいただきました。残念。orz
X4110108.jpg


普通の個体↓と比べると、赤斑、オレンジラインの色の違いは一目瞭然。
X4110937.jpg


赤斑だけが柿色に見える個体は多い。
X4110492.jpg


これは単に擦れて色褪せた個体か・・・
X4110581.jpg

X4111009.jpg


15:30を過ぎると高い木に登る個体がちらほら。
もうお休みの時間か?
X4111428.jpg


帰り道、2頭のギフチョウが20cmほど離れた地面でパタパタしているのを見つけた。
とちらも飛べないようなので、1頭をすぐ近くに咲いていたキクザキイチゲに止めてみた。
よく見たら羽化不全の♀だ。
X4111462.jpg


もう一頭は、白っぽい♂。
もしかするとこの♂、羽化直の♀と交尾して力尽き、一時的に飛べなくなっていたのかも知れない。
そう考えると、♀も羽化直で交尾されたため羽化不全になってしまったのかも。
きっとこの日は、羽化直ラッシュだったのだろう。
X4111470.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |