FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


クロコムラサキ

この週末は、毎度のnaoggioさんと町田のSさんの3人でクロコムラサキを撮りに行って来ました。

クロコムラサキは、劣性遺伝で現れるコムラサキの変異個体。
以前、撮影した場所では、たくさんのコムラサキの中で1頭だけのクロコムラサキをなんとか撮影できましたが、Sさんによると、これから行く場所は、クロコムラサキが100%だという。
そんなところがあるのかと、ちょっと信じられない。

0:00時過ぎに家を出て、naoggioさん宅に0:30前に到着。
naoggioさんの車でSさんをピックアップし、ポイントに着いたのが8時前。
かなり遠くまで来ましたが、naoggioさんが次の日午後に用事があるということで、日帰り強行軍。
現地の午前中の降水確率は40%で、着いたときは少し靄った感じだった。

最初に目に入ったのは、ハグロトンボ。
胴体はミドリだと思っていたら、♀は茶色だと後で知った。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/8/19拡大表示できます)





程なくコムラサキらしい蝶が飛んでいるのが見えた。
Sさんが秘密兵器をセットすると効果的面。
すぐに♀が吸汁にくると、♀を求めて♂も2頭やってくる。
その3頭ともクロコムラサキだ。






手前の葉っぱが邪魔だが、のっけからクロコムラサキの綺麗な開翅を撮ることができた。^^)
なんという幸運。






最初に来た♂が交尾を迫る。
♀は吸汁に夢中のためか、交尾拒否はしていない。






交尾か成立するだろうと期待したが、
体勢が悪いのか、♂はストローを自分の脚に巻きつけて踏ん張って頑張ったが、交尾は成立せずに♀が飛び立ってしまった。






今の所、クロコムラサキ100%。でも信じられない。
すると素早く飛ぶ茶色の個体が見えた。
やっぱり普通のコムラサキもいた、と思もい止まった姿を確認すると、綺麗なサトキマダラヒカゲであった。






クロコムラサキが近くに止まった。






黒から紫への綺麗なグラデーションの開翅を撮りたいが、いいところに止まってくれない。






角度の違いで、紫が全く出なくなってしまう。
まるで♀のよう。

























葉っぱで隠された箇所から樹液が出ているようで、綺麗な個体が2頭仲良く吸汁していた。
この2頭もクロコムラサキだ。






現れるのは全てクロコムラサキ。











俺も撮ってくれと言っているのか、目の前にオニヤンマが止まった。






その後もトラップに来るのもはクロコムラサキ。











いい位置で開始してくれた個体は、右前翅の縁が傷ついていた。orz






















♀がトラップで開翅しながら吸汁している。
かなり夢中のようで近寄っても逃げない。
そこで、魚眼で撮影してみた。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]





♀は青くないが、こうして見るとキリシマミドリの♀のような美しさだ。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 




結局、綺麗なのと擦れた個体が、合わせて5~6頭いたと思われるが、その全てがクロコムラサキだった。
まさに100%。夢のようなひと時でした。

この後、別の蝶を求めて移動。
続きは、次の記事で!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/32-2cc1b260

 | ホーム |