FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
横浜を中心に 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


芋虫・蛹

ごまさんに飼育中の芋虫と蛹を見せてもらいました。


まずは、ヒカゲチョウの幼虫。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)





ヒカゲチョウの仲間は、かわいい顔をしているので撮りたいと思っていた正面顏が撮れて嬉しい。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)






初見のミヤマチャバネセセリの蛹。
薄緑色の水ようかんのようなプルプル感です。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)






初見のコミスジ蛹は、想像していたよりも小さかった。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)





正面から見るとバットマン風。
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)






このウズラマメのような蛹は、サトキマダラヒカゲ
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)





お尻を見ると、セミの幼虫を彷彿とさせます
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)





OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)






ファスナーのように見える部分は、触角になる部分でしょうか
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)






フィールドで見つけたダイミョウセセリの幼虫
胴体に黒い点が2つあり、どうやら規制されてしまっているようです
OM-DE-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/11/2(拡大表示できます)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/320-56b8b314

 | ホーム |