FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


黒部ダム観光

家内が「ダムの放水を見て見たい」というので、山の日に黒部ダムに行って来ました。

朝6:00に出発したのですが、この時すでに東名下りは横浜町田から30km、中央高速下りも八王子から20kmの渋滞。
お盆休み初日ということを全く考えていなかったことを後悔。

東名→圏央→中央が使えないので、16号を橋本まで上がり相模原ICから中央高速に入って、渋滞を回避。
といっても途中、断続的に渋滞があり、諏訪湖SAに避難した時は、出発から4時間半かかっていた。
蝶遠征の時は、2時間半くらいで通過するので2時間も足止めをくった計算になる。orz

途中昼食をとったこともあり、トロリーバス発着場の扇沢に到着したのは、出発から6時間後だった。
駐車場も一番下の一番奥に誘導された。






そこから坂道と階段を上がって一休み






この時間でもたくさんの人が改札待ちしていた。







トロリーバスは、扇沢駅を出発するとすぐにトンネルに入ってしまうため、景色を楽しむことはできない。






黒部ダム駅からトンネル内の階段を上がるとダムを一望できる展望台にでる。







大汝山にはまだ雪が残っており、その下の黒部ダムから迫力ある放水が行われていた。

















階段を降りてダムの方に向かう。






ダムが徐々に迫ってくる。






ダムの上を歩く人の大きさから、放水のスケールがわかっていただけるでしょうか。













さらに階段を降りる。
奥に見えるのは、黒部別山。







一番下まで行くとダムを見上げるポジションになる。






この場所には、特設会場が設けられていて、ダム建設時の資料が展示されていた。

















かなり頑丈な階段だが、こうやってみるとなんだか怖い。











レストハウスで木苺のソフトクリームを購入。






黒部湖の湖面は、バスクリンのようなグリーンだった。











放水を上から見ると虹が。
















ダムを反対側まで渡る。










反対側から見る放水も素晴らしい。






ここからも虹が見える。






すると、私の影の周りに虹が・・・ブロッケン現象だ。







扇沢に戻ってたのは16時。
まだたくさんの車が止まっている。






この後、近くにある安曇野ちひろ美術館へ。





岩崎ちひろさんの絵はとても印象的で、家内のお気に入りです。






敷地内では、満開のブルーサルビアも楽しめます。






帰る途中、遠くの山から伸びる短い虹が出ていた。










さらに逆アーチの虹も見られた。






諏訪湖SAで夕食をとったのが19時。
帰りは、東名で渋滞にはまったが、諏訪湖SAから3時間で帰ってこれました。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/35-ddac84a6

 | ホーム |