FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


オオゴマシジミとゴマシジミ

この週末、naoggioさん、町田のSさんに、まだ見たことのないオオゴマシジミのポイントに連れってってもらいました。
現地で千葉のNさんと合流し、初めて見るオオゴマシジミを満喫できました。

オオゴマシジミは、このところ個体数がどんどん減っていて、地域によってはほとんど見られなくなってしまったポイントが多いようです。
環境変化によるところが大きいと思いますが、採集者に人気があり、少ない発生数に多くの採取者が群がることもその要因の一つだとも思います。
絶滅させないためにも、数が減っている場所での採取は控えてほしいものです。


なんという花でしょうか。
蕾なのにストローで吸蜜しようとするオオゴマの前に小さなカミキリムシが飛んで来ました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/8/5拡大表示できます)





驚いたオオゴマが表翅を見せてくれた。







大きな♀が飛んで来て食草に止まると、小さな♂が絡んで来た。






ヒヨドリバナで吸蜜するオオゴマ






偶然にもこんなシーンが撮れました。^^)






ヒヨドリバナが人気のようです。






ヒヨドリバナには、アサギマダラやミドリヒョウモンも。











ミドリヒョウモンがアサギマダラにちょっかいを。






クガイソウにもオオゴマがやって来た。






60マクロでも。

OMD E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro










ヒヨドリバハより美味しいのか、3頭が集まって来た。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 










スレた個体ばかりだが、初撮でこれだけ撮れたので大満足。
そろそろ次へ移動しようかという時に、なんと綺麗な♀が出て来てくれた。












この個体、しきりに触覚で花の蕾を叩くような仕草をしていた。
蜜のありなしでも調べているのでしょうか?
こんな動きは他の蝶でもみたことがありません。






綺麗な♀の余韻にしたりながら、次のポイントへ移動です。
すでにその場所で撮影していた横浜のKiさん、Goさんと合流。
被写体をしっかり確保してくれていました。











ふと頭上を飛ぶ黒い影が近くの木の枝に止まった。
レンズを向けると、この子がいました。
どうやらコサメビタキの幼鳥のようです。






♀のゴマシジミに♂が言い寄るシーンで、初めて青いゴマシジミを見ました。







Kiさんをバックに2枚ほど。












♀を追いかける♂
SSが遅くてブレてしまった。
Exifを確認したら、こともあろうかF10で撮影していた。凹○
















この辺りには、スジグロチャバネとヘリグロチャバネがいるとSさんが教えてくれたので、探してみると、いました。






さて、どっちでしょう?






開翅してくれなかったので、裏翅で判別するしかありません。






蝶鳥ウォッチングのyodaさんの記事を元にした私の判定は、ヘリグロチャバネセセリという結論になりました。
果たして、合っているでしょうか。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/38-c424491d

 | ホーム |