FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


ミドリセイボウ、他

マイフィールドで出始めたミドリセイボウを撮影に出かけた。

発生場所に行くまでの間の寄り道。
ひまわりでセイヨウミツバチが花粉集めをしていた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 2017/7/28拡大表示できます)











ハスの花にはマメコガネ。







発生場所に到着したが、ミドリセイボウは見当たらない。
シリアゲコバチが産卵場所を探していた。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro ] 






出てくるまで待っているのも何なので、フィールドを一回り。
カラタチで産卵しているクロアゲハを発見。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 






自転車に乗ってチャリコバさんがやって来た。
クヌギの樹液が出ているところがあるというので、連れて行ってもらった。

樹液にはこれといったものは来ていなかったが、その上にコシロシタバがずらりと並んでいた。







数えたら全部で10匹。






樹液が出ている部分に何かが飛んで来た。
一見、コミスジに見えたがコミスジが樹液にくるはずはなく。
何だこれ?






と思ったら、コシロシタバだった。
面翅と裏翅がずいぶんと違うんですね。







タブノキの若葉にアオスジアゲハ幼虫が。
1葉に1幼虫ついている。
葉っぱが足りなくなるのではと不安になるが・・・

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro ] 






この後、ごまさんと合流し、セイボウ探し再開。
今度は直ぐに見つかりました。
しかし、近づこうとすると直ぐ逃げるのと、日向に出てくれないので、40-150mmでは手ブレ、被写体ブレ続出。orz
300F4とM1markIIなら6軸手ブレ補正で楽なんでしょうね。
なかなか大きく写せないので、トリミングです。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 
















すると天井近くの横板でくつろぎ出した様子。
マクロで近くチャンス!
まずは、逃げるられ前に1枚。

OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro ] 






そしてレンズをゆっくり、ゆっくりと近づける。






絞りをF8にし、ブレないようにカメラを横板に固定して、何とか輝く宝石が撮れました。^^)
拡大表示でご覧ください。







とりあえずこの日の目標達成。
フィールド探索に戻ると、ミドリシジミがまだ頑張っていました。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 






昨年も大量の幼虫がいたウマノスズクサを覗くと、♀が産卵に来ており、ジャコウアゲハの全ステージを見ることがで、さしずめジャコウアゲハの生図鑑の様相となっていた。







OM-D EM-5 [MZUIKO ED 60mm Macro ] 






今年も幼虫は数え切れないほど付いている。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 






ウマノスズクサの付いている桑の木に前蛹が。







葉っぱには蛹もついていた。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/40-ad5d8f38

 | ホーム |