FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


芋虫が続きます

アカボシゴマダラの幼虫。
同じように冬を越してきた幼虫とは思えないほど、大きさが違います。
一方は終齢(5齢)で、もう一方は4齢。

どちらも丸裸になっていたエノキの幼木についていた幼虫で、葉の多いエノキに救助したものです。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/10







アカボシゴマダラは、エノキの幼木に産卵するため、幼虫が葉を食べ尽くしてしまうこともしばし起こります

葉を食べ尽くしてしまうと、再度越冬スイッチが入り、次の葉が出て来るまで活動を停止するため、まだ終齢になれない幼虫がいるのではないかと思えます。

と言うのも、この時期にまだ越冬体勢の幼虫がいるのです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/6






こちらは、ようやく目を覚ましたようです。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/10(拡大表示できます)






こちらは、今にも蛹になりそうな終齢幼虫。
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/10






別の枝には蛹がぶら下がっていました。
7D [EF 300mmF2.8LII] 2014/5/10(拡大表示できます)






横から見ると葉っぱのような形ですが、縦から見るとコウモリのような・・・
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/10(拡大表示できます)






ツマキチョウの幼虫も5.5mmから8mmほどに成長してました
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/10






カラムシにはアカタテハの幼虫が・・・
OM-D E-M5 [MZUIKO ED 60mm Macro] 2014/5/10(拡大表示できます)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/451-66fb848e

 | ホーム |