FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


東信遠征

今回は、いつものお二人(naoggioさんSさん)と東信へ。
千葉のNさんとの合流ポイントに着くと、あきる野のKさんと川崎のMさんも来られていた。
圏央道であきる野市を通り過ぎる時、ふとKさんはどこに出かけているのだろうとなんて思っていたので、びっくり。

さっそく5人でゼフポイントへ。
朝7時直前、青空に月が綺麗に輝いていた。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/7/15拡大表示できます)






ゴイシシジミがたくさん飛んでいるが、コナラやミズナラをたたみるも、飛び出すゼフはなし。







もしかしてフライング?なんて思っていたが、30分後、Mさんがアイノの卍を見つけてくれた。
ちらちらと輝くグリーンが期待を膨らませる。






ところが、モニタで拡大表示して確認したアイノは、すでにボロボロだった。orz






この卍が終わるとまたゴイシだけの世界に。orz
そこへ舞い降りて来たアカシジミは、まだピカピカの個体だった。







するとすぐにアイノも現れた。
先の卍のスレた個体ではなく、そこそこ綺麗な個体。






日が陰るといなくなり、陽射しとともに戻ってくるアイノ。













アイノがなかなか出て来なくなった時、Nさんがミヤマカラスアゲハを発見。それは、綺麗な♂だった。






アイノが撮れたので、コヒョウモンモドキのポイントへ移動。
そこにカーコご夫妻浅間の煙さんがお見えになられた。

年々個体数の減少が危惧されるコヒョウモンモドキ。私としては、昨年は1頭も見つけることができなかったが、今回は♂ばかりだが、綺麗な個体をたくさん確認することができて嬉しかった。











そこそこ撮影して戻ってきたら、naoggioさんの車のタイヤにも止まっていた。







同じ場所にいるコヒョウモン。
サイズも色もモドキと似ている。







次のポイントへ行こうと車に乗り込んだ時、外からSさんが「ウラジャノメがいる」と教えてくれた。
ウラジャノメは久しぶりの撮影。
コヒョウモンモドキに続き、思わぬ美蝶の出現で、嬉しさ倍増。











ウラジャとテリ争いしていたのは、ヒメキマダラヒカゲ。







次のポイントへ移動。
途中、これまた久しぶりのシータテハに遭遇。







そして目的の高山蝶、ミヤマシロチョウも登場。
この蝶も美しい蝶ですね。












綺麗なフタスジチョウも飛んでいた。







もう一つの高山蝶、ミヤマモンキを探そうと場所を移動している時、ボロボロだが元気な蝶を見つけた。
ヒメキマダラモドキだろうか?
妙にたくましさを感じてしまう。






ミヤマモンキは、naoggioさんが見つけてくれた。
やっと止まったと思いファインダを向けたら、産卵するところだった。






短い時間で卵を産み付け、すぐに飛び立つ。
マクロレンズを車に置いて来たので、卵はTG-4で撮影。







その後、産卵に疲れたのか、休憩モードに入った。






目的の蝶が撮影できたので3人でオオムラサキのポイントへ移動。

そこは、いかにもオオムラサキが集まりそうな大きなクヌギ林だが、林の中を進めど蝶影がない。
どうしたものかと思っていたら、naoggioさんがヒメジョオンにとまるミヤマカラスアゲハを見つけた。






これも思いもよらぬ出会いであった。






車に戻る途中、クヌギの木を旋回するオオムラサキを発見。
さっきは見過ごしたのか、よく見るとそこそこの数が飛んでいる。
なかなか下に降りて来ない。
一瞬だけ、下に来たところを連射して、なんとか証拠写真は撮ることができた。







ゼフもいるだろうと、Sさんが林を叩いたらウラミスジが1頭飛び出した。







後はウラナミアカシジミとミズイロオナガが1頭ずつ。
他には出て来なかったので、本日最後のポイントへ移動。

Sさん、naoggioさんによると、そこでは昨年は1頭しか確認なかったというアサマシジミのポイント。
Sさんの探索で♂♀数頭確認できた。
♂は撮影できなかったが、綺麗な♀は撮ることができた。













今回も大満足な遠征になりました。
Sさん、naoggioさん初め、みなさん 大変お世話になりました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://akakokko99.blog.fc2.com/tb.php/47-23087509

 | ホーム |