FC2ブログ

プロフィール

akakokko

Author:akakokko
2017/11/25にyahooブログから引っ越してきました。
横浜をベースに 春夏秋は蝶、冬は野鳥を追いかけてます。
日本チョウ類保全協会 会員、
相模の蝶を語る会 会員

■カメラ■
キャノン :EOS 7D MarkII
オリンパス:OM-D E-M1X、
      OM-D E-M1、
      OM-D E-M5、TG-4
■レンズ■
CANNON:EF 300mmF2.8L IS II
      EF-S 15-85mm IS
MZUIKO :ED 12-40mmF2.8 PRO、
      ED 60mm Macro、
      ED 40-150mmF2.8 PRO、
      ED 8mmF1.8 Fisheye PRO
フィット:魚露目8号
■アクセサリ■
CANNON:x1.4テレコン
MZUIKO :x1.4テレコン、x2.0テレコン
ケンコートキナー:
  デジタル接写リング16mm,10mm


カウンター


カテゴリ


月別アーカイブ


アオタテハモドキ2

前回、メスを撮り損ねていたので再度アオタテハモドキにチャレンジしてみた。
naoggioさん、Sさん、Yさんの4人で♀を探す。
できれば低温型の青い♀を・・・でも、思うようには行きません。

♂はテリ張場所で難なく見つかった。このブルーは何度見ても美しい。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/11/08

XB081510.jpg


角度によっては、メタリックな輝きが・・・
XB081474.jpg


逆光気味に撮るとパープルに。
XB081795.jpg


前回よりも裏翅も綺麗に撮れた。
XB081635.jpg


しかし、一向に♀は出てこない。
そうこうしてる間に時間だけが経ち、Yさんが帰る時間となった。
残された3人で、クロコノマチョウを撮影していたら、Yさんから♀を見つけたという連絡があった。
急いでYさんの元へ。

そこには、青♀ではなかったが、濃茶色のグラデーションが美しい♀がセンダングサで吸蜜していた。
XB082454.jpg

XB082472.jpg

XB082519.jpg


Yさんに言われて気づいたのだが、♀の裏翅はヒョウモンモドキのような美しさがある。
XB082491.jpg


XB082543.jpg

XB082578.jpg

XB082600.jpg


吸蜜を終えると♂と同じように地べたの枯れ草の上へ。この後、どこへともなく消えていった。
目的の♀が撮れ、Yさんには感謝です。
XB082624.jpg


クロコノマチョウ

アオタテハモドキがいた直ぐ近くにクロコノマチョウもたくさん発生していた。

前記事には書かなかったが、アオタテハモドキ撮影時に、クロコノマの飛翔を撮りたいとMaさんとSaさんがやってきた。
二人が来る前に、1頭のクロコノマが飛んできて近くに止まっていたので、まだいるか確認してみたら、日の当たるシダの上でじっとしていた。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/10/31

XA319696.jpg


そこで、MaさんとSaさんに教えようとしたら、飛び立って木陰に移動してしまった。
XA319707.jpg


Saさんがカメラ片手にこの子に迫っていく。
XA319712.jpg


当然、この子は飛び立つのだが、別の1頭もSaさんの足元から飛び出して、近くに着地。
こちらは黒いので♂のようだ。
XA319714.jpg


気がつけば、辺りにはたくさんのクロコノマが止まっていた。
この写真には3頭写っている。
XA319721.jpg


Maさんがクロコノマを追いかけるところを連写しアニメGIFにしてみた。
XA310277.gif


表翅が写っている1枚をピックアップ。
XA310283-2.jpg


もうひとつのアオタテハモドキ・ポイントの近くにネムノキがあり、そこに羽化し立てのキタキチョウがぶら下がっていた。
XA310716.jpg


レンズを向けていたら、少しだけ表翅を見せてくれた。
XA310747.jpg



東京のアオタテハモドキ

東京某所でアオタテハモドキが発生しているという情報を聞いて、naoggioさん町田のSさん案山子さんの4人で出かけてみた。現地で八王子のYさんと合流。

本命ポイントに行く途中、早々にSさんが食草(キツネノマゴ)での吸蜜している♂1頭を見つけてくれたが、かなり擦れた個体だった。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/10/31

XA318845.jpg


その後、ポイントに到着するも同様の擦れた♂が1頭いるだけ。
その内、綺麗な個体も出て来るだろうと、他の蝶に目を向ける。
たくさん飛んでいるヤマトシジミ♂の中に、スーパーブルーの♀を見つけた。
上から撮ろうとしたら飛ばれてロスト。開翅がピンボケなのが悔しい。orz
XA318880.jpg


裏翅が少し茶色かかっていたので♀だろうと思ってプロキャプチャで狙ったら♂だった。凹○
XA319148.jpg


少し遠くで再度スーパーブールの♀を見つけたが、近づけない場所だった。
XA319539.jpg


綺麗なウラギンシジミも♂♀出ていた。
XA319629.jpg


アオタテハモドキは、いくら待ってもボロの♂が1頭でテリ張しているだけで、他の個体は出てこない。最初にボロ個体がみつかった場所に行っていたSさんに連絡すると綺麗な♂が2頭出てきたというので急いで戻ることに。

1頭は、片方の触角の先が欠けた個体だが、翅は綺麗。
XA319862.jpg

XA319909.jpg

XA319959.jpg


高い葉の上に止まることなく、地面の枯れ葉ばかりに止まるので同じような写真ばかり。
しょうがないので魚眼で撮ってみた。
正面奥で案山子さんがピースサインしている。^^)
MA318319.jpg


この後、姿を消してしまった。
一瞬、綺麗なメスが出てきて近くに止まったのだが、すぐに飛び去りロスト。orz

しばらく空白の時間帯が続いたが、Yさんがセイタカアワダチソウで吸蜜する♂を発見。
XA310446.jpg

XA310478.jpg

XA310381.jpg


その後、コセンダングサに移動。
以下、同じような写真ですが・・・
XA310546.jpg

XA310658.jpg

XA310683.jpg


ウラナミシジミとの2ショット。
XA310675のコピー


お腹がいっぱいになったのか、カヤで休憩したと飛び去ってしまった。
♀は撮り損ねたが、綺麗な♂を撮ることができ満足な遠征となりました。
XA310705.jpg


2度目の房総シルビア

不調だったルーミスの後、まだ出ているというシルビアシジミを見に行った。
当然ながら擦れた個体がほとんど。

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm] 2020/10/25

XA258501.jpg

XA258171.jpg


擦れているけど青いメス。
XA258088.jpg


この時期にしては、綺麗なメスも。
XA258131.jpg


さらに綺麗なオス。
XA258118.jpg


しばらく皆で、この綺麗な個体を追いかけた。
XA258194.jpg

XA2582522.jpg

XA258266.jpg

XA258314.jpg

XA258335.jpg

XA258524.jpg


ヤマト♀に求愛するシルビア♂。
かなりのサイズ差がある。
XA258368.jpg


Sさんが交尾個体を見つけてくれた。
かなり擦れた♀だが、何度も交尾して産卵するのだろう。
XA258391.jpg


意外と敏感で、近寄ると飛び立って場所移動。
♀はもう交尾を終わらせたいのか、腹部を曲げて離そうとする仕草を。
♂は痛いのか、しきりに後脚で交尾部分を掻くような仕草をしていた。
XA258448.jpg


再び綺麗なメスだが、青くないのが残念なところ。
XA258635.jpg

XA258681.jpg


XA258645.jpg

XA258663.jpg


XA258688.jpg

今季3度目の房総遠征

千葉のNさんから「気温が下がってきたので、ルーミスが降りてきて開翅するようになってきた」という情報をもらい、いつもの3人(naoggioさん町田のSさん)で房総へ。

アクアトンネルを抜けると朝焼けが見られる時間ですが、意外と混んでいる。

iPhone6S 2020/10/25

IMG_5187.jpg

IMG_5189.jpg


予定より早くつきすたので、ポイントはまだ陽が当っておらず寒い。
とりあえず止まっている個体がないかと枯れているイチイガシの葉を、双眼鏡で見渡す。
おっ!と思わせる影があったが、枯れ葉の重なりだった。orz

OM-D E-M1X [MZUIKO ED 40-150mm]

XA257978.jpg


こんなハート型の枯葉に止まってくれたいいのになぁと思いながら、気温が上がるの待つ。
XA257977.jpg


森の中から鳥の鳴き声が聞こえる。ふと樹上を見上げると動く影が・・・
止まったところを確認したら、キビタキ♀らしき姿が。
XA257982.jpg

XA258015.jpg


陽が射し込み気温が上がるまでまだ時間があるので手持ち無沙汰。
狭い範囲にたくさんの種類のキノコがあったので撮ってみた。
XA258031.jpg

XA258033.jpg

XA258034.jpg

XA258065.jpg

XA258067.jpg


しばらくすると、樹上から大きな獣の鳴き声が聞こえてきた。
声の方にレンズを向けると・・・犬?!
XA258057.jpg


そんなわけなないですね。どうやらボスザルのようです。
XA258058.jpg


こんな木の天辺で吠えていました。どこにいるか分かりますでしょうか。
XA258061.jpg


肝心のルーミスは、雲で日差しが遮られ、降りて来る個体はまったく期待できない状況になってきた。orz
Nさんが長竿でいそうな場所を叩くと、3頭のルーミスが飛び出した。
そのうち1頭が辛うじてみえる位置に止まってくれたので、なんとか証拠写真は撮れました。
夏ルーミスに続き2連敗です。ToT)
XA258051.jpg


Nさんの長靴両足にヒルが1匹づつ。
ルーミスも出て来る可能性がないので、この場所はこれで撤収。
XA258075.jpg



««前のページ  | ホーム |  次のページ»»